×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

義務化されるメタボ検診とは

img12710.jpg

メタボ検診、という言葉に聞き覚えはおありでしょう。
メタボ検診とは、2008年4月から実施される特定健康診査および特定保険指導の事です。
主にメタボリックシンドロームや生活習慣病といった、あまり積極的に治療しようとしない病気に対して検診を行い、改善する為の指導を行うというものです。

メタボ検診は、国民健康保険を運営する市区町村、企業の健康保険組合などといったところで採用が義務付けられており、40歳〜74歳の健康保険加入者は必ず受ける必要があります。
検査項目は腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値で、これらそれぞれに設けられた基準値を上回った場合に指導が与えられます。

つまり、メタボ検診とはこれまでの健康診断をさらに一歩踏み込んだ形の検診ということです。
ここ十数年の日本は、食事の欧米化や運動不足の若者が目に見えて増えて来ており、肥満体質、あるいは隠れ肥満の人が急激に増えてきました。
肥満は健康とは対極にある状態であり、生活習慣病の元になると言われています。
それを軽度の状態で発見し、予防または治療するために、このような検診を義務化するという事ですね。

しかし、体型は個性であり、人それぞれなのだから、それに国が口を出すのはおかしいという人も少なくないようです。
実際、それはその通りだと思います。
生活習慣病対策とはいえ、個人の体型に関して国が管理するような状況は、まるで国民をロボットかなにかのように扱っているんじゃないかという意見もあり、それも一理あるかと思います。

とはいえ、誰かから注意されなければ、いつまで経っても体質改善を行えない人が多いのも事実なんです。
ある意味憎まれ役を国が買って出たようなものですね。
メタボ検診とは、様々な人達にとって健康とは何か、体型とは何か、管理とは何かを問いかけるものなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

メタボ検診のメリット・デメリット

img41254.jpg

2008年4月から始まるメタボ検診ですが、実施される前からその必要性については到る所で議論されています。実際、メタボ検診を行う事で国民にとって本当にプラスになるのかというと、断言できるだけの材料はありません。
何故なら、まだ実施されていない以上、問題点がはっきりとしないからです。
やってみて初めて出てくる問題点は確実にあり、それを政府がどう対応するかによって、メタボ検診のトータル的な価値がようやくわかるのです。

現時点で考えられるメタボ検診のメリットは、医療界にとって有益であるということです。
検診の義務化によって、安定した検診料が得られますし、国の補助も大きくなります。
更に、これまでは放置しておいたメタボリックシンドローム予備軍がこぞって医療機関の御世話になる事は間違いなく、その利益も十分に期待できるでしょう。

では、国民にとってはどうなのでしょうか。
メタボ検診で国民が得られるメリットは、自分でも気が付いていなかったメタボリックシンドロームや生活習慣病の予兆に気が付く事ができる、という点がまず挙げられるでしょう。
血糖値やコレステロール値などは、普段会社勤めをしているサラリーマンなどにとって滅多にお目にかかれる数値ではないので、こういった検査機会が設けられるのは、メリットと言えるでしょう。
もっとも、既に自覚していながら改善の意思がない人にとっては、あまり良い事とはいえません。
また、そういう人に対しての対象法に関しても、どうやって行くのかはまだ未透明です。
メリットは、これから少しずつ作っていく事になるというのが実状ですね。

メタボ検診を義務化してよかったという声が増える事が、当面の政府及び医療界の目標という事になるのでしょうか。
メタボ検診自体は決してネガティブなものではありません。
それほど時間や料金が掛かる訳でもなく、深刻な病気に発展する前に食い止める事ができるのですから、デメリットよりはメリットの方が多いと言えるでしょう。

問題は、それを義務化してしまうことにあります。
メタボ検診を義務化した事で、国民はほぼ確実に何らかの形で消費をする事になります。
それは検診料、指導を受けた際の治療費、それらに付随する交通費などの諸費用です。
この負担を強いられる事に、イマイチ納得ができないという人は決して少なくないでしょうね。

他にもメタボ検診の義務化で発生するデメリットはあります。
それは、環境の整備です。
現在の医療体制では、全国各地どの医療機関でもメタボ検診が行えるという訳にはいきません。
その為、早急な環境整備が必要とされるのですが、これにも相当な費用が掛かります。
恐らく、実施されればこれ以上にデメリットと呼ばれるものも増えていくでしょう。

今後、政府や医療機関がそれに対してどのような対処を行っていくのか、その動向に注目が集まっています。

メタボ検診に臨む心構え

img2441.jpg

2008年4月より実施されるメタボ検診に備え、色々と思うところのある人は多いでしょう。
少しでも良い結果が出るようにしたい、できる限り恥はかきたくない、不安材料を増やしたくないと願うのは当然の事です。

でも、あまり思いつめる必要はありませんよ。
平常心、つまり普通の心構えで良いのです。
メタボ検診は、あくまで病気の予防、及び治療の為の制度です。

それはつまり、今の自分自身の健康状態がどうなっているのかを探る為のものです。
そういう意味では、これまでの健康診断と何ら変わりはありません。
自分が太っているから、肥満だからと憂鬱になる必要はないのです。
あくまでも病気を見つける事が目的なのですから。

とはいえ、検査項目の数値が結果として出る以上、少しでも良い数値が出るようにしたいと思うのが人情です。中には、無理やりテストを受けさせられるような気分の人もいるかもしれません。
メタボ検診は、実際テストのような要素もあります。
それは「健康テスト」です。
それに不合格だった場合は、指導を受け、是正されます。
その部分は否定できないところです。

ただ、心構えとして、テストを受けるというような心構えで臨むのはあまり良くないですね。
自分が今どう言う状態なのか、どうすれば今後メタボリックシンドロームにならずに済むのかを知る良い機会だと思って受けるのが好ましいでしょう。

国の政策について納得がいかない人もいるでしょう。
でも、それは置いておいて、まずは受けてみる事です。
そうすることで、自分の利益にも繋げられますし、活発な意見交換も行えるようになります。









Copyright © 2008 2008年4月、メタボ検診義務化